<   2017年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

クリスタルも入荷しています♪

週間天気予報ではこの地方は
木曜から晴れマークでしたが、
木曜以降の方が天気が悪く曇り時々雨時々晴れ。


さてこの地方、
明日(土)は注目の花火大会が2つあります。
津市と桑名市。

私は毎年桑名の花火大会に訪れていますが、
特にここ数年は完全復活!大盛り上がり!
なんと今年は2尺玉20発を含む1万発!
2尺玉は身体にドンッと感じる衝撃と迫力!
噂では毎年何軒かは風圧でガラスが割れるとか割れないとか。

あと、これもまた風圧で外に止めてある車の数台は
防犯ブザーがピーピー鳴り響き合唱が始まります。
そしてそれを何度か繰り返します。
それだけ迫力がありますが、小さい子供たちの中には
怖がって泣き出す子も多くそれをみると
ちょっとかわいそうな気がします。


そしてそして、忘れてはいけないこの時期まさに今!
鈴鹿を彩る真夏の祭典!
鈴鹿の夏と言えばこれ!
鈴鹿サーキットさんで行われる国内最大級の二輪レース♪

【8耐】二輪8時間耐久レース

今年はどんなドラマが繰り広げられるのでしょうか?
8耐は「27日~30日」です。

ということで何かと天候が気になりますが、
この季節は曇りでも晴れでも、
身体がシャンパンを求めてしまう季節でもあります。


そんな時におすすめは「クリスタル」!
なんて、気軽に飲めるシャンパンではありませんが、
特別な日や記念日に飲みたいシャンパン。
そしてお遣い用としておすすめ♪
【ルイ・ロデレール・クリスタル・ブリュット】


ルイ・ロデレール・クリスタル・ブリュット 2007
http://www.taruyasu.com/shopdetail/000000002603/011/X/page1/order/
写真の泡は落ち着いている様にみえますが、
これは軽く30分以上放置された状態です。

f0072767_18334133.jpg

(ワイン会のスタートに時間に間に合わなかった私のグラスで、
シャンパンはスタートと同時に注がれていたためです)

シャンパンの中に溶けた泡は口に含むとクリーミーで心地よく、
その反面ボリュームは大きく口中で広がります。


下記、オフィシャルサイトに詳細が載っていましたので添付致します。

<ルイ・ロデレール・クリスタル・ブリュット 2007>

収穫
2007年は全体的に気温が高く、予想外の強い気象に見舞われた年でした。春は温かく、夏は涼しく、8月末には旱魃がぶり返しましたが、最後には見事に成熟し、理想的な条件のもとで収穫が行われました。

発酵と醸造
ピノ・ノワール58%、シャルドネ42%、オーク材の大樽で週一回撹拌して醸造したワイン15%。マロラクティック発酵は行いません。クリスタルのキュヴェはグランクリュの「モンターニュ・ド・ランス」「ヴァレ・ド・ラ・マルヌ」「コート・デ・ブラン」から醸成しています。地下ワインセラーで平均して5年間熟成させ、澱抜きのあと、熟成の仕上げにさらに8ヵ月寝かせます。ドザージュは1リットル当り9,5g。

スタイル
クリスタル2007は、クリスタル独特の「理性的な力強さ」の典型的なボトルです。ここで言う力強さはヴィンテージから来た力と言うよりも、クリスタル醸造のために生き続ける老樹の凝縮度と、ドメーヌの地下の石灰質土壌から来る繊細さです。

テイスティング
暖かいオレンジ色がかった輝きを持つ黄金色。
見事な泡で、細かく規則的で躍動的。クラシックなブーケは、ほのかでエレガント。ジューシーで完熟した果実(ウイリアム梨)、天火から出てきたばかりのタタンタルトや暖かいウイーン風菓子パンの香を秘め、また僅かに酸味のある赤い果実(カラント)などの香が溢れ出てくる。ワインは奔放に自己表現し、グラスの中に入れてから数分すると、木樽で発酵した2007年収穫のワイン独特のヘーゼルナッツの香とホワイトチョコレートの香が立ち上る。甘酸っぱい完熟果実の香と、醸造法から来る非常に強いグリルの香りの普列は、時の経過と共に互いに強くなり、本物の深みと言える香りへ変身する。
口に含むと、凝縮された香りと共に完熟果実の香が立ち上る。非常に長く残る燻製の香りがあり、自然な深みのあるワインの印象がここでも感じられる。テクスチャーは、溶けるような絹やビロードを思わせ、ワインのフレッシュさをこのとろけるような魅惑的なテクスチャーが抱き込む。粉っぽさと塩っぽさが、鮮明で同時に躍動的な印象を舌の先に感じさせる。後口には、軽快さと洗練性が非常に印象的に残る。


==================
ヴィナテリーア・タルヤス
e-mail wine@taruyasu.com
URL http://www.taruyasu.com/
月~土 10:00-19:00
定休日:日曜、祝・祭日


[PR]
by mesnilID | 2017-07-28 18:33

遂に今週、東海地方も梅雨が明けました。

いよいよ夏本番に突入です。。

今年の夏も厳しい暑さが続きそうですが、

そうなるとグランヴァンが売れ行きが悪くなります。。



それなら、泡系、キリット冷やして美味しい白ワイン!

といきたいところですが、最近の異常な暑さは

そういった系統のワインの売れ行きもなかなか難しい状況です。



そしてこんなタイミングで、

コント・ラフォンのムルソー・ペリエールのご案内を^^;



夏のイメージではありませんが、

大相撲名古屋場所、千秋楽を明後日に控え、

横綱級の白ワイン。

●ムルソー・ペリエール 2008

コント・ラフォン

http://www.taruyasu.com/shopdetail/000000002617/

強靭で、スキがなく、重厚。

そして、エレガントさをひめたとてつもないムルソー。


f0072767_18280854.jpg

こういったワインは、

飲み頃のタイミングで購入しようとしても絶対に在庫はありません。

それまでに完売致します。

私達も飲み頃を仕入れようと思うと

こんな価格では仕入れられませんし、

この価格で販売できる様な買い付けオファーのイメージが湧きません。



といっても価格が価格だけに(詳細は上記ホームページのリンクを)

消費者の方にとって購入時期は悩みどころですが、

将来を見越して在庫のあるうちに是非ご検討下さい。



ちなみに、相撲ネタで、
当店の位置する鈴鹿市白子町は

「追手風部屋」の宿舎があります。
今場所は苦戦しましたが、

9月の東京「国技館」期待しています!

明日は、ちょっとしたご縁で私、祝賀会に参加してきます♪

ごっつぁんです!

==================
ヴィナテリーア・タルヤス
e-mail
 wine@taruyasu.com
URL
 http://www.taruyasu.com/
月~土 1000-1900
定休日:日曜、祝・祭日


[PR]
by mesnilID | 2017-07-22 18:28

◎ポマール 1957

ジャン・ミシュロ


1957年のブルゴーニュ。

ムルソーや他のアイテムも含め、

入荷当時、このジャン・デュポンのシリーズは

そのヴィンテージと価格のインパクトで話題でしたが、

それも今となっては懐かしい出来事です。


今回のポマールは最後に残った

液面が低くキャップシールもかなり古びた状態のボトル。

しかもデリケートなヴィンテージのオールドヴィンテージ。

57(ゴーナナ)は60歳のヴィンテージ♪



f0072767_18201020.jpg


恐らくノンリコルクで、コルク自体も大変デリケートな状態。

デュランドを使用したので抜栓は問題はありませんが、

抜栓後のコルク(ワインに面してない側)は

ボサボサ?で崩壊寸前。

しかし、味わいは大変良い熟成を思わす

やさしく、あたたかく、落ち着いた雰囲気を醸し出していました。

心地よく枯れたニュアンスと、それなりに酸は感じますが、

強く感じる様な(刺々しさや酸っぱい)酸ではありませんので、

よい年の重ね方をしてきたのだと思います。

それもそのはず、この時の「ジャン・ミシュロ」シリーズは

現地からの蔵出オファー!

またこういったオファーがあれば買い付けたいと思います。


最近ACブルやNSG、コート・ド・ボーヌの

80年代90年代のお値打ちオファーが続々届いています。

今現在もどれも生産者の蔵で眠っているワインなので

状態は良いのは間違いありませんが、

状態とクオリティーは別の話。

手を出そうかどうか迷うところです。。


==================
ヴィナテリーア・タルヤス
e-mail
 wine@taruyasu.com
URL
 http://www.taruyasu.com/
月~土 1000-1900
定休日:日曜、祝・祭日


[PR]
by mesnilID | 2017-07-14 18:20

3拍子そろったイケムです♪♪♪

♪まずヴィンテージは1998

いい色合いになり、まず一つの飲み頃に入ってきています。

少しとろっとして熟成による旨みも現れてきました。

貴腐の蜜の様な甘味の中にある酸が

何とも言えないほど心地よく、身体じゅうに染み渡ります。

♪ハーフサイズ(375ml

イケムのハーフはなにかと重宝する嬉しいサイズ。

♪お値打ち価格

これについては、あくまでもイケムとしては、

ということですので・・・

私としては大変お値打な価格であると感じております。

スポットアイテムにつき、価格はお問い合わせ下さい。

*数に限りがございますので品切れの際はご容赦下さい。


そこそこ飲み頃のイケムを楽しめるという幸福感。

グラス一杯のありがたみ、

そして幸せを噛み締めながら・・

Chateau dYquem 1998 (375ML)

f0072767_18320844.jpg



==================
ヴィナテリーア・タルヤス
e-mail
 wine@taruyasu.com
URL
 http://www.taruyasu.com/
月~土 1000-1900
定休日:日曜、祝・祭日


[PR]
by mesnilID | 2017-07-06 18:30 | ワイン

まずは、秋に向けてまたワインの買い付けを進めています。

入荷は11月頃になるかと思いますが、

飲み頃ヴィンテージを中心に選んでいますので、

また是非よろしくお願いいたします。

ただここに気になるのが

ユーロがじわじわ上がってきているところです・・

しかしこればかりはどうしょうもないので

静かに状況を見守りたいと思います。。。


さて、その様なことから

少しずつテンションも上がってきたこともあり

1947(ヨンナナ)のボーヌのマグナムを。

最近、古酒の抜栓はデュランドに頼りっはなし^^;

リコルクをしていない古酒(この場合50年~70年代)

のコルクはどうしょうもなく、折れるのは当たり前としても、

最終的に折れたコルクの破片も落とさずキレイに抜けたとしても、

折れるか折れないかといえば折れない方がいいし、

例えばワイン会などではお客様がコルクも並べて

写真を撮っていただけたり・・

そんなこともありソムリエナイフにこだわり過ぎるのも

頭が硬い様に思い最近の古酒の抜栓はデュランドばかりです。

ただデュランドの歯独特のキズも残りますが。。


f0072767_18382773.jpg

f0072767_18383746.jpg

事あるごとに、そしてこの後もまだ続きますが、

蔵出しのパトリアルシュの古酒は安定感抜群です。

薄暗くひんやりとしたボーヌの地下カーヴから、

なんて、イメージが湧いてくる様子ですが、

慣れない言葉で続けると火傷をしそうなので

そんなコメントはやめておきます。


ただ、そんなイメージが湧いてくるような

貴重なブルゴーニュのヴィンテージワインで、

疲れた要素や酸化の要素は皆無。

年齢でいえば70歳のヴィンテージ。

本当に偉大なヴィンテージです♪

==================
ヴィナテリーア・タルヤス
e-mail
 wine@taruyasu.com
URL
 http://www.taruyasu.com/
月~土 1000-1900
定休日:日曜、祝・祭日


[PR]
by mesnilID | 2017-07-01 18:38