<   2014年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ブルゴーニュのオート・コート・ド・ニュイのブラン(白ワイン)で
なんと!!
ブドウ品種はシャルドネではなく、“ピノ・グリ“!!

f0072767_19282134.jpg


正式名称は、
Bourgogne Hautes Cote de Nuits Pinot Gris Dit Beurot Les Larets 2011
ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ピノ・グリ・ディ・ブーロ・レ・ラレ
生産者は「Yves Chaley・イヴ・シャレイ」

良年のみしか生産されないワインで今回は限定1500本(125ケース)
しかも!新樽100%だそうです!

マニアックなでおもしろいワイン!
入荷数量は僅かです。店頭にて販売中です。品切れの際はご容赦下さい。

f0072767_192836100.jpg←この人が造っています♪
生産者イヴ・シャレイは、ほぼブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイしか生産していませんが、R・パーカーより高い評価を得ている造り手です。僅か12歳の時には父と祖父と一緒に畑に出て働いていたと懐かしむように話します。その彼も現在66歳です。今でも現役として畑に出て醸造も担っています。ドメーヌの歴史は古く、1700年代にさかのぼり7代目にります。トータルで14ヘクタールの畑を所有し、国内外でとても高い評価を得ていて欧米各国に輸出しております。造り出すワインには新樽を用いエレガント且つ重厚に仕上げています。またブルゴーニュにおいて稀であるピノ・グリを僅かですが産出していて、非常に面白味のある生産者です。

<輸入元のテイスティングコメント>
濃い黄金色で、白い花やフルーツの香りがきれいに広がり後半にミネラル、ハーブそしてナッツ、ハチミツなどの香りが広がります。しっかりとした酸に濃縮した果実味が感じられ、旨味を濃縮した印象です。フルーティーと重厚さを兼ね備えバランスの良さを感じます。非常に珍しいピノ・グリで造られたワインです。一度味わうべき1本です。
[PR]
by mesnilID | 2014-07-30 19:28 | ワイン
『ワインに口づけを』で有名なKisvin(キスヴィン)
 遂にヴィナテリーア・タルヤスで取扱い開始!

5年前に、ある試飲会で出会い、その味わいに感動してから、
荻原さんのご厚意で、やっと当店のセラーにも並ぶことになりました。by鬼頭

Kisvinが造るKisvinは、三重県の酒屋(ワインショップ)では恐らく当店が初!?!

「甲州」の2アイテムが入荷致しました!
Kisvinには山梨、甲州種の神髄が詰まっています♪

■ Kisvin / キスヴィン 甲州 2013年
 ステンレスタンク発酵、熟成
http://www.taruyasu.com/shopdetail/000000002458/005/O/page1/order/

■Kisvin T2&T5 2013年
樽No.2とNo.5のみを使用したもの一部樽発酵、樽熟成
http://www.taruyasu.com/shopdetail/000000002459/


写真は、「Kisvin 甲州 2013年」
FB担当の私(橋爪)は、鬼頭から「この甲州かなりいいよ!」
と言われて、・・どれどれ、、と思いながら試飲致しました。
f0072767_18523630.jpg
・・で、これはすごい!
そんじょそこらの甲州とは格が違う!
ミネラル豊かでなめらか~。非常にクオリティーが高い!

口当たりから飲みこんだあとの余韻まで、終始バランスが崩れることなく、心地よい・・。こんな感じのワインってなかなかないんです!

コメントがヘンかもしれませんが、後口はミネラルウォーターの様な・・余韻がないのではなく無駄なものがないというか、すっと体内に溶け込むというか、スッキリとも違う何とも言えない心地よさ。あと、温度が上がると不思議と時折、純米酒のニュアンスを感じました。

これは、‘ワインは飲まないなぁ~’という日本酒ラヴァーにもすんなり受け入れられるはず!
是非是非お試しください♪
[PR]
by mesnilID | 2014-07-28 18:53 | ワイン
日本市場ではほとんど目にすることがないクロード・デュガのマール
f0072767_18144427.jpg

‘幻のマール’とも言われていますが、
その1999年のオファーが現地から流れてきました!

~ん、魅力的!

そういえば、↓こちらも貴重なマール↓
「ヴォギュエのマール」は当店のセラーに並んでいます。
しかし遂に在庫が1本となりました!

マール・ド・ブルゴーニュ
コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ
http://www.taruyasu.com/shopdetail/007034000012/007/034/X/page1/order/

f0072767_18155285.jpg

ブログ用に・・仕方なく?グラスに注いでカシャ!
あとは、仕方ないから?飲むしかないか~とブツブツ言いながらこっそり飲んじゃったりなんかして・・
マールなのでアルコールが強いのは(42%)当然ですが、そのアルコール感や、マール独特の乾いた香り以外にもフルーツや樽などの香りの要素が複雑に絡み合い、味わいはとてもまろやか~で余韻はジ~ンと。
一応仕事中のこの時間帯、、すきっぱらには少しこたえます。。やっぱり食後や、一日の締めくくり、ご褒美に飲みたいな~

そして、マールではありませんが、近々限定のラタフィアが入荷致します!
シャンパーニュ地方のラタフィアで、先日(正規輸入元主催)生産者を招いてのディナーの際(シモン・セロスとはまた別)、フォアグラに‘ラタフィアの白’、デザートのピーチメルバに‘ラタフィアの赤(赤は特に珍しい)’が出てきて、これが素晴らしい味わいで!その場にいた輸入元の担当者に在庫を聞くと、もうあまり残っていないと・・
じゃ、全部下さいと即決し、輸入元に残っていた在庫を全て分けていただきました!

来週初めに入荷致します(月末なのにまとめて仕入れてってしまった・・)
お愉しみに!!
[PR]
by mesnilID | 2014-07-24 18:25 | ワイン
東海地方もいよいよ梅雨が明けました!
これからが夏本番!

ということで!?
突然ですが偉大なシャンパン【クリュッグ】をご案内させていただきます。

シャンパンの最高峰といえば、なんといってもクリュッグ!
「クリュギスト」という言葉が生まれるくらい(クリュッグの熱狂的ファン。中でも真のクリュギストはクリュッグしか飲まないとか・・)。
本当かどうか?世界3大クリュギストというのもいるらしい・・

現在当店のセラーに並んでいるアイテムは、スタンダードの
「クリュッグ・グランド・キュヴェNV」と
「クリュッグ・ヴィンテージ1995」の2アイテム。

飲み頃としては最高ですが、どちらもそろそろ在庫が減ってきました。
f0072767_1552688.jpg
特別な日に飲みたいシャンパン・・・
明らかに他の造り手とは一線を画す味わい。「絹の様な泡立ち」とは、この様なシャンパンに用いたい言葉。 泡の細かさ、繊細さは見ているだけで癒されます。

Krug Grande Cuvee
http://www.taruyasu.com/shopdetail/011006000001/011/006/X/page1/order/

Krug 1995
http://www.taruyasu.com/shopdetail/011006000002/011/006/X/page1/order/

あと、フライング?マル秘情報としては、クリュッグ・ロゼが再び入荷するかもしれません・・今秋予定
[PR]
by mesnilID | 2014-07-23 15:05 | ワイン

お待たせいたしました!シモン・セロス!メタリック調銀ラベル
再入荷致しました!

4月に生産者を招いてのディナーの際、非常に美味しく印象深く虜になりました!
実はそれまでも店頭在庫はあったのですがスポット的な仕入れでしたので、
ホームページには載せておりませんでした。

そして、ディナーの後に入荷したロットからラベルデザインがリニューアルし、
斬新!メタリック調銀ラベルに!
ただこの時は、リニューアル直後の入荷ということもあり、ホームページに
載せる前に一瞬で完売してしまいました・・

そしてそして、再び入荷いたしましたので、やっとご紹介させていただける
こととなりました!
大変申し訳ございませんが、今回も入荷数は限られています。
品切れの際は何卒ご容赦下さい。

シモン・セロス / ブラン・ド・ブラン ブリュット グラン・クリュ
http://www.taruyasu.com/shopdetail/000000002463/

f0072767_14152778.jpg

[PR]
by mesnilID | 2014-07-21 14:15 | ワイン
ひょんなことから大阪のワイナリー「飛鳥ワイン」さんのワインを仕入れることになりました!

実は、仲よくさせていただいた方(四津鈴倶楽部のメンバーである)が、飛鳥ワインさんに勤め始め、そんなご縁から・・

先日当店の鬼頭もワイナリーにお邪魔させていただきました。
ひとまず入荷したのは「飛鳥 リースリング 2013年 720ml ¥2,380(税別)¥2,570(税込)」
ワイナリーでは、他にもスパークリングや甲州、デラウェア、シャルドネ、メルロ、カベルネソーヴィニョン、ロゼもありますが、まずは・・リースリングを店頭に並べてみました!大阪産リースリング100%です!

f0072767_1819926.jpg

これからの時期だと、よ~く冷やしてBBQの時なんかに愉しむのも最高!
なんといってもこの瑞々しさと余韻に残る微かなリースリングの甘味は渇いたのどを爽やかに潤してくれます!

店頭にて販売中です!
[PR]
by mesnilID | 2014-07-17 18:19 | ワイン
密かに?タルヤスのフェイスブック始めています・・

といってもほとんどブログの様な感じですが・・
その点は、個人ではなくお店のFBということでご容赦下さい・・

ブログより、FBの方が何かと見やすい点、便利な点があるかと思います。
申請をいただきましたら、ワインの情報もリアルタイムに入るかと思いますので
お気軽にどうぞ!

ただ、いっぱいいっぱい(?)でやっていますので、
コメントにお応え出来ない場合が多々ございます。
ご容赦下さい。

リアルタイムな情報としてご覧いただけたらと思います。

ヴィナテリーア・タルヤスのフェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007010854470&viewas=100000686899395&returnto=profile&privacy_source=privacy_lite
f0072767_18163879.jpg


あと、FBは若干ネタに気を遣うところがありますので、
ブログには投稿してFBには投稿しないということも出てくると思います。
例えば、番外ブログの様なワインに関係のないネタとか。

FBはワインのネタに徹底したいと考えています。
といいながら崩れていったらスイマセン・・

よろしくお願い致します♪
[PR]
by mesnilID | 2014-07-15 18:16 | information
現地からこんなオファーがありました!

ウイリアム・フェーヴルの2014年版コレクターズ・ヴァージョン!
どうやら日本では未発売のようです。

ブラックライトに照らすと、写真のように50年代のヒップスターを
思い起こさせる図柄が浮かび上がります!
おもしろそうだから買い付けたい・・

f0072767_12293170.jpg

[PR]
またまた!イイ♪グラスが入荷しました!
f0072767_1834943.jpg
当店の最近の売れ筋はなんといってもハンドメイド!
「薄く、繊細で、軽い」
ハンドメイドは、なんとも言えない質感の良さがあります!
感じる味の違いはもちろん、個人的には気持ちの面での違いも大きく、幸福感に溢れます・・

今回新たに入荷したのは「サヴァ」というグラス。
サヴァのシリーズもいくつかありますが、ひとまずご家庭でも使いやすい「サヴァ・ビール/ワイン」グラス
形は独特で、足の部分が短いのが特徴です。

聞くところによると、東京ではバカ売れだそうです!

しかもあのグラスによく似ている!?
リーデルではない「R」の付くところの・・

メーカーによると、今後入荷の予定はあるそうですが、ひとまず今回注文が殺到していて、当店の割り当ては12脚だけ!
店頭では早速ちらほら(?)売れています!

「サヴァ・ビール/ワイン」
http://www.taruyasu.com/shopdetail/000000002462/

f0072767_18325526.jpg
~ 最高級のワイングラスをお求めの方に ~

熟練のグラス職人たちのみが、創造しうる究極のハンドメイドグラス「Cava サヴァ」
素晴らしく美しく、薄く軽いサヴァは、今までのハンドメイドグラスの価格常識を破壊したまさに逸品です。

生産地:チェコ
サイズ:64φ91M170H460cc

サヴァ 15oz ビール/ワイン
本製品はハンドメイドのため、サイズに誤差が生じる場合があります。

数に限りがございます。品切れの際はご容赦下さい・・
[PR]
by mesnilID | 2014-07-12 18:35 | information
~先日行われたリーデルのセミナーについて~
三重で!3年ぶりに行われたリーデルワインセミナー♪
今回もリーデル社チーフ・グラス・エディケイターの【庄司大輔】さんをお迎えしての特別企画。
参加者は「飲食店様、及びワインに携わる職種の方限定」とさせていただいたのですが、お忙しい中みなさん遠方よりお集まりいただきました。

f0072767_1753593.jpg改めて、見た目も美しい(特にピノ・ノワール)「ヴィノムXL」の素晴らしさや、脇役になりがちな「シラーグラス」の万能性を体感しました!

第一回目のグラスはリーデルの基礎となる「ヴィノム」シリーズでしたが、今回はそれに続く会ということで「ヴィノムXL(エクストラ・ラージ)」

マシンメイドのベストセラー<ヴィノム シリーズ>のボウル形状ではカバーしきれなかった、アルコールが高く香りが強い、より濃厚なワインなど、新しいキャラクターのワインに対応できるよう、新たにボウル形状を開発したシリーズ。


内容は、前回は「ベーシック編」で、今回は「赤ワイン編」

まず初めは、ミネラルウォーターを使い、舌の上をどのようにして流れていくかを解説いただきました。ファーストアタックの場所、そして舌の上の流れ方によって味わいの印象は大きく変わります。

その後、「ピノ・ノワール、シラー、カベルネソーヴィニョン」赤ワインを代表する3品種をグラスによってどのように変わるか順にワインテイスティング。グラスによって味の変化はもちろん香りのボリュームまで大きく変わり、その変化はまるで手品の様でした。

斬新だったのは、2種類のチョコレートを使ったフードマッチング!
ホワイトチョコをピノ・ノワールに、ビターチョコをカベルネ・ソーヴィニョンに合わせてテイスティング。ただこれはグラスを間違えるとえらいこと(!?)になりますがピッタリ合った時の味わいはまさにワインとチョコの驚きのマッチングでした!

f0072767_17534392.jpg


大変内容の濃い2時間でしたが、あっという間に過ぎていき、非常に勉強になる内容でした。
庄司さんどうも有難うございました!(二次回も盛り上がったそうで(笑))

f0072767_1754126.jpgちなみに「リーデル ヴィノムXL」は店頭、HPに在庫ございます↓
ご自宅にお一ついかがでしょうか?いや、一つと言わず!
http://www.taruyasu.com/shopdetail/000000002460/021/001/X/page1/order/



Ps.
出口シェフ、いつも快く場所を提供いただき有難うございます!
鬼頭さん、打ち合わせから段取り、手配までお疲れ様でした!
[PR]