<   2014年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

毎度当社もお世話になっているミッシェル・グロさん
生産者蔵出し!当社自社輸入のイチ押し生産者!
2011年も美味しいです♪

オート・コートは今飲み頃で美味しいし、
ヴォーヌ・ロマネ(村名)はそこに奥行きや味の深みが増しこれまた美味しい!
そして「クロ・デ・レア」こちらはさすがに飲み頃としてはまだまだ早いですが、
圧倒的に凝縮感が高く、ギュッとしまった骨格があり、
さすが、フラッグシップ「Clos des Reas」といった感じです。

ヴォーヌ・ロマネ・1級畑・クロ・デ・レア 2011年
 ミッシェル・グロ
http://www.taruyasu.com/shopdetail/000000002419/007/021/X/page1/order/

f0072767_1845963.jpg非常にクリア、鮮やかな色調。良質ブルゴーニュの特徴がよく現れています。スミレや花の香り、上品で繊細で・・やっぱり落ち着きます。是非大きいグラスでお愉しみを!

f0072767_18454949.jpg
村名などと比べると香りの要素からもそうですが、やはり違いは明らかで、重心が下にあり、ドンっとしている様子。あと3~5年すれば飲み頃としても魅力的!

今でもじゅうぶんいいものはイイ!
美味しものはオイシイ!
クロ・デ・レアは格別!
[PR]
by mesnilID | 2014-03-29 18:46 | ワイン

現地からオファー!

市場ではあまり目にすることのない

ジゴンダスのマール

その名も

『 Vieux Marc de Gigondas 』

f0072767_18271173.jpg

[PR]
by mesnilID | 2014-03-28 18:27 | ワイン
またまた番外編ブログ
完全にプライベートで失礼します。

それではいきなり、
三重県桑名市にある「なばなの里」のイルミネーション。
その規模は年々拡大、年々リアルに!
訪れるたびに感動を与えてくれる場所です。

(それを感じられたら入場料なんて安いもんです。
ちなみに、わたくし、、ちゃっかりパスポートをもってたりして・・)

それはそうと、イルミネーションは遂に今月末で終了します!
先週末駆け込みで観に行ってきました!

イルミネーションは毎年11月頃から始まっているのですが、
個人的には混むのが嫌なので真っ先に見に行っていたのですが、
(しかしお客さんは全国から訪れていますので結局はいつでもにぎわっていますのですが)
今回は機会を逃しずるずると・・結果、遅れた分新たな発見が!

なんと!河津桜が満開でした!
デジカメの写真ですが、暇つぶしに見ていただけたら・・

ちなみにイルミネーションは点灯2時間後位が狙い目の時間帯かな?

あとイルミネーション期間中も終了後も、季節ごとに園内は様々な花や植物が
咲いていますので、散歩に訪れるだけでもリフレッシュできます!!

それとこれは重要
コイのエサやりは、時間帯によっては‘コイがお腹がいっぱい?’
とかで買えない時があります(笑)

f0072767_19135249.jpgf0072767_19144297.jpg

f0072767_19151876.jpgf0072767_19153686.jpg
f0072767_19155620.jpgf0072767_19161988.jpg
f0072767_19163762.jpg


[PR]

最近、現地のワイン商からダグノーのオファーが
いくつか届いています!

その中でもアステロイド・・
もはや何が来ても驚きませんが、
2010年は、あまりにも斬新!
f0072767_15232826.jpg


鬼才ダグノーの跡を継ぐルイ・ベンジャマン。
接ぎ木していないブドウ樹から造る超レアな『アステロイド』

いつかは飲んでみたい・・
[PR]
またまたOB会のワインに戻って、
メインに飲み比べで用意した2つのエシェゾー
ちなみに、ギヨンのエシェゾーの前には、
ギヨンのACブルゴーニュが出ました。

ACブルゴーニュもよかったです!
http://www.taruyasu.com/shopdetail/043005000031/007/006/X/page1/order/
価格は正直。2000円台のACブルゴーニュとは明らかに違うクオリティーの高さ。
それを感じると、つくづく値打系を選ぶより、もう少し出して
‘美味しい~!(特にブルゴーニュは香りが命)’と思えるワインを飲んだ方が
お得だし、満足感で満たされます。

そして、エシェゾーは、

エシェゾー 2011 ギヨン
http://www.taruyasu.com/shopdetail/043005000032/007/006/X/page1/order/
f0072767_18562325.jpg香りの要素が複雑すぎる!抜栓直後は隠れている香も時間と共に現れ、またその変化が面白い。すでに獣香的なニュアンスも含まれていて、途中なんとなくドメーヌ・ルロワを思い浮かべました。味もルロワに共通するような、フレッシュなヴィンテージでも、すでに開いていてやわらかく奥行きがある・・。大き目のブルゴーニュグラスで香りの変化とともに時間をかけて愉しみたい。レストランでメインディッシュに合わせるのも良し、お洒落なバーで、音楽と共に楽しむのも良し・・

知る人ぞ知るギヨン。他のランナップも文句なしの味わいですが、
最高峰のエシェゾーはコレクションに加えたいアイテムの1つです。
ちなみに、シャルム・ド・マジエール2005残り僅かです。
http://www.taruyasu.com/shopbrand/007/006/X/←ドメーヌ・ギヨン


エシェゾー 2011 グロ・フレール・エ・スール
http://www.taruyasu.com/shopdetail/043005000035/007/009/X/page1/order/
f0072767_18565434.jpgこちらはフレッシュな凝縮果実や、スミレなどの花束のニュアンスがあり、若々しいピノ・ノワールの凝縮感が美味しいワイン。もちろん飲み頃としては早いですが、ブルゴーニュの飲み頃の好みは人それぞれで、今がいいという人もいるし、全然まだ早いという人もいる。

エシェゾーの様な特級やそれ以上(同じ特級でもグラン・エシェゾーや
リシュブール等)のクラスになると、リリースされて少しすると閉じる
時期があり、それにハマってしまうと、今飲むべきではないとコメントしてしまいますが、
このワインはそうではないので今美味しい!
こちらもセラーのコレクションに加えたいワイン!!

私個人としては、飲み頃としては早いけど、
それはそれとして事実このタイミングでも美味しいから好きです。
そしてあと、2-3年後が若い時期の美味しさのピークで、
5-10年がある意味調度よい飲み頃。そしてそれ以上20年とかなると、
古酒の域の飲み頃であると思います。
・・結局いつでも魅力を感じます。
[PR]
by mesnilID | 2014-03-19 18:57 | ワイン
またまた白子の駅西が熱い!
(県外の方に:白子(しろこ)は当店や白子駅付近の場所を言い、
鈴鹿でもっとも栄えている(??)スポット!!。
ちなみに鈴鹿サーキットの最寄駅でもあり、毎年10月のF1シーズンになると
世界中からたくさんの人が訪れる特別な場所でもあります!)

まずは、本日17日(月)
「鉄板焼 錦」さんがリニューアルオープン!

「おめでとうございます!!」

以前は、
「Monjya Dining」として人気のお店でしたが、
コンセプトを変えて新たにオープン!

ちなみに、ワインのメニューも増えています!
リーズナブルなものから本格派まで、
こだわりの、泡4種、白5種、赤5種。
もちろん白、赤はグラスでも愉しめます!

是非訪れてみてください!
f0072767_19243321.jpg


「鉄板焼 錦」さん
http://monjya-nishiki.com/drink/index.html
三重県鈴鹿市白子駅前28-10エバンスビル 〒514-0241
TEL:059-373-4680



来月は新店舗オープンのお店をご紹介させていただきます!
お愉しみに!
[PR]

アルコ・エ・ミザール 2011年 パスカル・シャロン

知る人ぞ知るローヌのガレージワイン!
「パスカル・シャロン」

お蔭様で「パスカル・シャロン」は
当店にも数年前から正規輸入元さんから分けていただいておりますが、
毎年入荷数量が少ないだけに、ネットにも上げることのできない限定ワイン。

そして2011年のヴィンテージは、それまでの「グランド・ウルス」に加え、
「アルコ・エ・ミザール」も新入荷!

そんな貴重なワインだからこそ(前回のブログの続きで)
こちらもOB会にもリストアップしてみました。

ローヌらしさを表現した「グランド・ウルス」に対し、
ブルゴーニュをイメージしたという「アルコ・エ・ミザール」は、
品のあるシラーの凝縮感と、なるほど・・何となくブルゴーニュに
共通するような繊細さが印象的でした。
(アルコ・エ・ミザールは在庫の都合上ホームページには記載されておりません、
お電話又は、店頭でも販売しておりますので、お気軽にどうぞ!
販売価格¥2,920(税込)で、残り在庫僅かでございます。)

f0072767_19394339.jpg


ちなみに、OB会ワインは、
登美の丘スパークリング→セトワイナリーさん、
その後はフランスへと突入し、
マルセル・ダイスのリースリング(ウケました)
そしてグロ・フレール・エ・スールの白(これまた大好評!)
そして、赤はアルコ・エ・ミザールへという流れでした・・
[PR]
昨日は、お世話になっている
レストラン「つ・パーダーボルン」さんで、
ワインの勉強会メンバーのOB会がありました。

今回のワインは、私(タルヤス)が担当させていただくことになりましたが、
前回のTOKIYAさんのラインナップが非常に魅力的でしたので、
プレッシャーを感じながらセレクトしました。

メインはエシェゾーの飲み比べ、
そしてスタートは少しひねりを加えて、
日本の泡と、続く白は新潟のセトワイナリーさんをセレクト。
そしてそれ以外の白2種、赤4種は全てフランスワインで、
ヴィンテージは全て2011年でそろえてみました。

もちろん非常に若いヴィンテージですが、料理との相性も良く、
フレッシュで凝縮された味わいは、全て味わい深いものでした。

料理は、お世話になっている三重の凄腕シェフに無理を言って
テイクアウトのオードヴルをお願いしました。
味わいはもちろん、バラエティーに富んだ盛り合わせは、目で愉しめて、
更に、結構なボリュームを用意していただいて、みなさん大満足の様子でした。
(綺麗にラッピングもしていただいて恐縮でした。
こういったところにもセンスを感じました)

f0072767_190198.jpg


泡はブラインド(目隠し)だったのですが、
銘柄は国産
登美の丘 甲州スパークリング2009
http://www.taruyasu.com/shopdetail/005000000008/005/O/page1/order/

岐阜の水谷酒店さんの水谷さん、さすがです!
的中!恐れ入りました!

国産ブドウ100%。ヴィンテージ入りのスパークリング。
当店は前ヴィンテージの2008年から仕入れていますが、
この2009年も非常にクオリティーの高い味わいでした。
甲州らしい清涼感やキレがあり、瓶内二次発酵のボリュームたっぷり。
皆さんのウケも非常に良かったです!
f0072767_1903378.jpg


こちらは数量限定で、当店にもまだ少し在庫がございます。
上記リンクをご確認ください!もちろん店頭でも購入いただけますので、
ご来店の際は是非、チェックしてみてください!

白ワインは、松田先生にご紹介いただいたセトワイナリーさんから
「ビーノビアンコ2012」(こちらは店頭販売のみ)
オードヴルの野菜や、魚系と合わすと、より味わいが引き立ちました!

その他ワインはまた後日・・・(ネタをひっぱってます)
[PR]

少し前にご紹介させていただいた
ちょっとおしゃれで高級感のある手提げ袋ですが、
お蔭様で大好評!

今回新色「ブラック」も入荷致しました!

↓ ↓ ↓ 手提げ袋(有料)
f0072767_1536625.jpg

高級感のある「ワインギフト用 手提げ袋」

気持ちのこもったワインをお遣いものにするなら、手提げ袋もオシャレに♪

★化粧箱に入ったワインの収納が可能なオーバーサイズです
サイズ:135W 115D 395H
◆オレンジ
http://www.taruyasu.com/shopdetail/000000002432/022/X/page1/order/
◆ブラック(NEW)
http://www.taruyasu.com/shopdetail/000000002438/022/

http://www.taruyasu.com/shopdetail/000000002431/022/X/page1/order/
シンプルですが、落ち着いた色合いで品があります
110W 100D 365H
[PR]
by mesnilID | 2014-03-08 15:37
先日に続いてまたまた偉大なワインの古酒・・
f0072767_1975152.jpg

まずは、オー・ブリオン1970年
もともとヴィンテージ的にも、時代的にも難し状況の中誕生したワイン。
よく今まで頑張っていてくれたものです。
そんな困難なニュアンスを感じさせつつ、絶妙な古酒感が素晴らしく、
線の細さが、儚い夢をみているような、、、非常に繊細な味わいでした。

f0072767_198834.jpg

そうかと思えば、オフヴィンテージという意味では引けを取らない?
不作の為、滅多に目にるすことのないヴィンテージ1965年。
現地のオファーですら滅多にみかけません。

そんな難しい年のラトゥール。
でも、オフィンテージがどうのこうのとか、そんなこと全く関係がない。
ラトゥールはいつの時代もラトゥール。

枯れているとか、細いとか、弱いという言葉は当てはまりません。
今だに芯がしっかりしていて、ぶれていない。
もちろん、良質年の旨みや、ボリュームはないものの、
こんな状態の1965年に当たるのは稀なこと。
(よく見たら、2001年2月にリコルクとラベルに記されていました。
経験上、そんなことも影響しているのかも?と思いました)

もちろん当社自社輸入!輸送や、管理はもちろんのこと、
現地のパートナー、信頼のおけるワイン商のお蔭が一番の理由!

ボルドーはここ何年も価格が高騰し、今だ下がる気配がありません。
それを考えると古酒の方がお値打ち感があります。
また現地で魅力的な価格で見つかれば買い付けたいと思います。

f0072767_1982255.jpg

[PR]
by mesnilID | 2014-03-06 19:09 | ワイン