<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ムルソー・シャルム 1966
 ラウル・クレルジュ

f0072767_162736.jpg
とある飲み会で・・・
当社直輸入ワイン。ムルソーの古酒です。以前お買い上げいただいたお客様にこの時の飲み会で開けていただきました。


f0072767_16272873.jpg熟成のピークに達した状態。非常に良い熟成をしていたのですが、熟成のピークを楽しめる仲間との飲み会や、そういった雰囲気でないととちょっと難しい様にも思えました。
もちろんこの時の会は話も盛り上がり、あっという間になくなってしまいました♪貴重なコレクションを有難うございました。意外に!?フキのとうの味噌和えとベストマッチ!

この後に続いたのは、ボルドータイプのカリフォルニアワイン!
これが大ヒット!!抜群においしく、不思議と刺身全般とも相性がよかったです。そのワインはまた次回!
[PR]
by mesnilid | 2010-03-23 16:30 | ワイン
リアルワインガイド 最新号No.29が発売されました!
f0072767_1753127.jpg
f0072767_17532698.jpg

今回も当社の広告が載っています!
おもいきった内容にしてみましたので、皆さん機会がございましたら、
お買い求めの上、ご覧いただけたら幸いでございます♪
[PR]
先日のワイン会 「クロヴージョ’07 飲み比べ」
f0072767_20405778.jpg
グロ家のクロ・ヴージョ。今回はアンヌ・グロ!さてさて・・
f0072767_20413654.jpgクロ・ヴージョの2007年、飲む前はまだ硬いかな~と思いましたが、硬さはなく香りも心地よく本当に良いワインでした。特に30分位経ってから香りも更に大きく広がり、果実味、エキス分の味わいがはっきりあらわれてきました。アンヌ・グロのワインは、とにかくナチュラルな味わいでそれでいて深みがあり余韻もしっかりしていて心地よい。 ワイン会などでは、インパクトのある(いい意味で)ワインはみんなが思わず笑顔になり、会話が広がりますが、こういった自然体で美しいワインは、「落ち着くよね~」と言いながら逆に会話が減り皆さん半分自分の世界に浸っていました。このワインは日ごろの疲れを癒してくれる、そんな効果もある様です・・

           ↓       ↓       ↓
 http://www.taruyasu.com/shopdetail/007003000009/order/
[PR]
by mesnilid | 2010-03-18 20:44 | ワイン
先日のワイン会 「クロヴージョ’07 飲み比べ」
f0072767_19384530.jpg
グロ家のクロ・ヴージョ。
今回はミッシェルさん!3ドメーヌの中では一番時間を必要としました。
f0072767_20373990.jpgそれだけ、全体的に個々の要素が強く、レベルの高い位置でバランスをとっています。若干ひらいていない様子もありますが、それは将来が期待できるという点で安心ができました。さすがミッシェル・グロのクロ・ヴージョ(唯一のグランクリュは毎年セラーのコレクションに加えたいアイテム)。
ワイン会の限られた時間では足りない、そして時間をかけて味わうというよりも、熟成を必要とするワイン。比較的早飲みヴィンテージのグロ・フレール、アンヌ・グロに対して、ミッシェル・グロは、がっしりとした骨格をもった長熟タイプの仕上がりです。さすが頼れる長男!
自然と、ブルゴーニュの田舎の畑や農家をイメージさせてくれるような、そんなワインでした。http://www.taruyasu.com/shopdetail/007021000027/order/
[PR]
by mesnilid | 2010-03-15 19:48 | ワイン
久しぶりにワインのコメントを・・

先日、伊勢で行われた第2回スペシャルワイン会で登場したワイン。
当社の鬼頭と、ミュゼボンヴィヴァン様出口シェフの企画で行われたワイン会。その中のいくつかを順番にご紹介させていただきます。

f0072767_1852824.jpgこの造り手さんは、近年エレガントなスタイルへと変わりつつありますが、個人的にはその時々のスタイルで見事な仕上がりを見せてくれますので、昔の樽のきいていた味わいも好きでした。どちらも美味しい。
 今回は2007年ということで、飲み頃としては早いのですが、なんといってもとびきり華やかな香りが印象的でした!!

f0072767_18522726.jpg近年グランクリュのラインナップは香水の様な香りを秘めていて、中でもこの「クロ・ヴージョ」はコルクを抜いてすぐにそういった香りが溢れ驚きました!そして時間の経過とともに、そこに含まれる樽のニュアンスは小さくなり、キレイな果実の濃縮エキスだけが残り、とてつもなく心地が良い香り(いい過ぎかもしれませんが個人的な好みにはまったので余計に・・)。グラスが空になっても香りは衰えることなくしっかり存在していました。味わいはまだ若いタンニンや酸がしっかりあり、少々時間が必要。とはいうものの、この2007年は比較的早くから愉しめる味わいで、ヴィンテージの個性もよくあらわれています。
 同時に飲んだ、ミッシェル・グロ、アンヌ・グロに比べ、凝縮感のある香りの豊かさと、味わいについては、力強さ、樽のニュアンスが特徴でした。
  ↓ ホームページ ↓
http://www.taruyasu.com/shopdetail/007009000019/order/
[PR]
by mesnilid | 2010-03-10 18:56 | ワイン
f0072767_15385212.jpg

f0072767_1539482.jpg

[PR]
by mesnilid | 2010-03-09 15:37 | ワイン