<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ラフィット 1990

久しぶりの更新でいきなり裏会のコメントで申し訳ございません。
少し前の裏会でのこと。とあるお店の大将が開けてくれたのですが、よくこんな偉大なワインを開けてくれたものです・・。なかなかそんなことできることではありません。・・。恐れ入ります。
このワインの輸入元&販売店は当店ヴィナテリーア・タルヤス、いわゆるタルヤスブランドのラフィット1990年。その昔お買い上げいただいたワイン。
f0072767_036136.jpg
f0072767_0361469.jpg

このワインを味わって出た私の自然な言葉は『スケール』でした。私自身今までスケールという言葉を使った記憶はありませんが、いや?あるかもしれませんが、このワインは圧倒的『スケール』を持った偉大なワインでした。もちろんまだ味わいは若く、決して20年熟成していると思えない力強さ。そして完璧にまとまったバランスの良さ。何て表したら良いか考えて、その場で出た言葉が『スケール』でした。後10年、20年しても変化がなさそうで、思わず'熟成のピーク無限大’的な圧巻のスケールでした。
f0072767_0364778.jpg
f0072767_037033.jpg

f0072767_0371355.jpg
[PR]
オーパス・ワン 2005

f0072767_2025016.jpgさすがに開けたての香りはまだ閉じ気味でしたが、時間とともにジワジワと魅力的に。ブラックベリー、ダークチョコ、フレッシュなカベルネの魅力が溢れ、デキャンタ後は更に複雑に広がります。味わいは、とにかく密度が濃く、がっしりして、尚且つなめらか。将来を約束されているかのよう。
 今の時点では、デキャンタをして最低2時間は欲しい。そして若干温度は高めの方がより個性が現れます(冬場ですし)。エレガントさを兼ね揃えた濃縮感、濃さ、甘み、樽香はいかにもカリフォルニアらしく、オーパスワンらしくもあります。セラーにコレクションしたいヴィンテージです!
http://www.taruyasu.com/shopdetail/018001000003/

f0072767_20251425.jpgちなみに、この時の会では他にも素晴らしいワインばかり集まりました!またご紹介させていただきます。
[PR]
by mesnilid | 2010-01-22 22:24 | ワイン
 サントネ     ラ  コム 
Santenay 1er la Comme 1983
 d'Issoncour J

 タルヤスワイン会で
ワイン会では私たちスタッフが参加し、目の前にお客様がいらっしゃるということもあり、古酒などでは、たまに(数本在庫があれば)一番状態の悪そうなボトルを選ぶことがあります(会にご参加いただいているお客様。ゴメンなさい)。**ただ必ずしも液面等、見た目が全てではないということを確認したいと思うものですから・・。
特にブルゴーニュの古酒は状態のばらつきがでやすく、それは液面の低さや、キャップシール(コルク)上部の凸凹加減など。しかし過去の経験からいうと(信頼できる現地ワイン商から自社輸入していることが大きいですが)そういった状態は全く関係がない。むしろ、液面は低い方が魅力を感じる位です。
 **もちろんお客様からのご注文の際は一番状態の良さそうなボトルからお選びしております。

f0072767_20222160.jpg非常にキレイに褐色がかり、いい状態で熟成した腐葉土の様な香りが、もわっとした立ち上がり、この時点で味も期待がもてました。繊細なブルゴーニュワインの中で、当たり年とはいえない83年にしては、思いのほか良いバランスを保っていて驚きました。この価格帯でおすすめしたい古酒の一つになりました。

サントネは、ほぼ(ブルゴーニュ)コート・ドールの最南端の村とされ(1989年にマランジェがAOCを認定するまで)。知名度は低いものの、おいしいワインがたくさんあり、決して侮れない村です。
その中で、このワイン「la Comme/ラ・コム」の畑はシャサーニュ・モンラッシェに接する1級畑というこということで、26年年も経過した今でも十分おいしく、古酒の魅力に溢れるワインでした。
 http://taruyasu.com/shopdetail/010009000011/order/
[PR]
by mesnilid | 2010-01-18 20:37 | ワイン
先日からホームページにいくつかワイングッズを
アップさせていただいておりますので、そのご紹介を!
f0072767_190389.jpg

  ↑  ↑  ↑
まずは、ソムリエナイフ
◆シャトー・ラギオール ステンレス&スタミナウッドhttp://www.taruyasu.com/shopdetail/022004000016/order/

結構かっこいいです!!
特に写真で見るより実物は数倍美しい!

実は以前から店頭に並んでいたのですが、私自信あまり意識をしていませんでした。しかし、昨年末ご来店いただいたお客様がお買い上げいただいた際、私も実物を見て思わず‘これいい!!’と強く感じました!! G-パンソムリエお気に入りデザインということで店頭に並べていたそうですが、それまで全く意識していなかった自分に反省です・・。
もちろん、再入荷し、現在在庫ございます!もしシャトー・ラギオールの中で種類を迷ったらこの「ステンレス&スタミナウッド」をチェックです!!
一応私もラギオールを持っているのですが、お金に余裕があれば、これ!絶対に買いたいです!

◆ラギオール・アン・オブラック‘オスピス・ド・ボーヌ’
上記のシャトー・ラギオールとは別ブランドになりますが、こちらもモノがしっかりしていて人気です!
こちらのデザインはブルゴーニュのオスピス・ド・ボーヌ(慈善施設)の屋根をモチーフとした独特のデザイン!
http://www.taruyasu.com/shopdetail/022004000014/order/

◆ソムリエナイフ ヘンケル
こちらは、ワインの世界に入ったら、まず手に入れたい最初のブランド!
幅広い層に人気です!
http://www.taruyasu.com/shopdetail/022004000015/order/

◆ソムリエナイフケース!!!
おすすめ!色合いがオシャレ!
少し値ははりますが、その価値十分の革ケースです!必見!
http://www.taruyasu.com/shopdetail/022002000010/order/

◆進化した電動ワインオープナーボタン一つで簡単便利なあの電動ワインオープナーが進化しました!
http://www.taruyasu.com/shopdetail/022006000012/order/

◆コルクキャッチャー
瓶の中にコルクが落ちたとき、このアイテムがあれば取り出せます!
頻繁に使うアイテムではありませんが、欲しいときに手元にあれば嬉しい!
http://www.taruyasu.com/shopdetail/022006000014/order/


ご来店いただいた際は、是非実物をご覧下さいませ♪
[PR]
by mesnilid | 2010-01-13 19:04 | information
新着ワインのご案内です!

丁度クリスマス前に日本に到着し通関等の手続きのあとバタバタしていたら、あっという間に年末になってしまいましたので、ひとまず当店のセラーに移動したあと、そのまま休ませておりました。

入荷したワインは、ブルゴーニュの古典的なスタイル
   【ベルナール・ドラグランジュ】
1792年ヴォルネイに設立された歴史あるドメーヌです!
f0072767_1928498.jpg


■アイテムは3種類!それぞれ偉大なヴィンテージ!
  ヴォルネイ1級 1990年
  ヴォルネイ 1985年
  ボーヌ 1985年

ドメーヌの超良心的価格には驚きです!!

まずは詳細ページへ!!
  ↓ ↓ ↓ 
http://www.taruyasu.com/shopbrand/008/010/X/
[PR]
by mesnilid | 2010-01-09 19:29 | information
■エシェゾーMg 1955

f0072767_0501125.jpg昨年末のワイン会のメインにもってきたワイン!すっばらしかったです!インパクトも余韻も素晴らしく、後になっても話題として盛り上がることのできるレベルのワイン。
味の余韻の長さ心地よさ、そしてもう一つの余韻を残してくれるワインでした。
http://taruyasu.com/shopdetail/010002000002/order/


このワインは、ワイン会のメインにブラインドでお客様にお試しいただいたのですが、自分の中でのイメージとしては、小さいグラスと、大きいグラスそれぞれに同じこのワインを注ぎ、お客様のご意見を聞き、最終的に‘実は同じワインでした!’と私が説明すると、お客様は「えー!うそー」(どっひゃーと盛り上がる)というのを期待して準備していました。開けてみると、これがすごいインパクト!

f0072767_0523482.jpg香りがはっきりし過ぎて個性があり過ぎ!これには驚きました、ここまでしっかりしているとは思いませんでした。このワインのしっかりというのは強いという言葉ではなく、例えば香りならなめし革とかの熟成香の前に、まず甘く心地よいカカオや、コーヒーの豆、カルーアの様な甘さがはっきりと。そして味わいは悪い意味でない濃さ、凝縮感、甘さ。やさしく包み込んでくれるようなやわらかさ。特に甘さという点では、古酒独特のものがあり、このあたりの年代のワインの特徴ともいえる、チョコレートっぽい甘さが印象的でした。
 最初のインパクトが大きかったので、大きいグラスといえど、比較のためにすぐにお客様の前へお出しすると、あまり違いが出ないのではないか?と思ったので、時間差でお出しして比べていただきました。

結果、ワイン会の皆様にとてもご満足いただけた様でなによりでした。ちなみにブラインド中、年代当てクイズには、何人かのお客様がブルゴーニュの当たり年「1978年」とコメントをいただけたのも印象的でした!

現在当店のセラーにはパトリアルシュの古酒がいくつか眠っていますが、それら全て蔵出しで買い付けたワインで、こんな素晴らしいワインを最高の状態でオファーいただけた現地のワイン商にも感謝です!
f0072767_0535395.jpg
空になったボトル・・
それにしてもオリがすごい!!


個人的に、1950年代というのは他の年代にはない魅力を感じます。過去のワイン会等で経験してきた中で、ブルゴーニュ、ボルドーの1950年代のヴィンテージは例えオフヴィンテージであってもものすごく素晴らしい味わいばかりです!しかもどのワインもインパクトがあってとにかく美味しい!いつまでも記憶に残る味わいです。そしてインパクトの中に度々感じるのは、チョコレートのニュアンスの甘みがあるということ。
 この時代に比べ現在の方が、はるかに技術は進歩していますが、今のワインが50年後この様になるかと言えば、どうなのでしょうか? ん~・・その時になってみないと分かりませんね。とにかく本当に50年代はめちゃくちゃおいしいんです!!

http://taruyasu.com/shopbrand/010/002/X/order/
[PR]
by mesnilid | 2010-01-06 00:55 | ワイン