<   2008年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 *ロマネ・サン・ヴィヴァン Mg 1980
   パトリアルシュ・ペール・エ・フィス  ¥43,940

パトリアルシュは1780年から続く歴史あるワイン商で、ボーヌ中心街の地下に広がるカーヴに、今でも多くのオールドヴィンテージを非常に良い状態で所有していることで知られています。

f0072767_18481212.jpg まず、とても良いコルクの状態。弾力があり、やわらかくキレイに抜けました。コルクを抜いた瞬間広がるピノノワールの魅力的熟成香。色は思ってたよりも薄く、色だけのブランドなら50~60年代と思ってしまうほど。1980年らしい薄さ。たまに妙に若いと思うようなワインもありますが、このワインは、色の薄さと熟成香、どちらもブルゴーニュの古酒そのままの姿があります。

f0072767_2010192.jpg小さめのテイスティンググラスと、大きめのリーデルブルゴーニュグラスに注ぎ、それぞれ試飲をしました。
 まず最初の小さいグラスは、ピノノワールの古酒のインパクトがすごく、何もかも完全に溶け込んでいる様子で、繊細でやさしく、ん~ おいしい!でも完全に古酒の域。大きいグラスの方はそこまで耐えられるか?厳しいかな?なんて想像しましたが・・、
いやいやそんなことはありませんでした、80年といえども、グラン・クリュのポテンシャル!大きいグラスはまた一つ隠れた獣臭的な香りがあらわれ、だからやっぱりこのグラスでないと!なんて(調子がいい・・)。

 ワイン会にご参加いただいた皆様も、素晴らしい味わいに思わず笑顔がこぼれ、同時にブルゴーニュの古酒の魅力を存分にご堪能いただけた様子でした♪  

 http://www.taruyasu.com/campaign/patriarche.htm http://www.taruyasu.com/campaign/leonce.htm

キャップシールはキレイですが、ボトルは年月の積み重ねで汚れています。これらのボトルは当店でも汚れを拭かず、そのままの状態で保管し、お客さまに販売時もそのままの状態でお届けさせていただきます。拭けば一瞬で汚れは消えますが、年月の積み重ねでしか現れないこの様な状態は歴史を感じます。
パトリアルシュは他にもこんな↓アイテムがございます!どれも状態はパーフェクト!!
[PR]
by mesnilid | 2008-05-30 20:27 | ワイン
ワイン会の白ワインはブラインドで、ブルゴーニュの、同じランク、同じヴィンテージ、造り手が同じ家系の3つの飲み比べをしました。

*ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ブラン 2005
 グロ・フレール・エ・スール

*ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ブラン 2005
 ミシェル・グロ

*ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・キュヴェ・マリーヌ 2005
 アンヌ・グロ

f0072767_20202461.jpgオート・コート・ド・ニュイなので高級ゾーンではありませんが、この様にグロ家の3ドメーヌを比べるというのはとてもおもしろい機会でした。(なんせアンヌ・グロがレアもので・) 
 ワインのランク的(質ではなく、オート・コート・ド・ニュイという意味で)にはどれも同じですが、それぞれに造り手の個性があり印象的でした。 この日のワイン会で一番人気はどの造り手さんだったのかな?

*ミッシェル・グロは果実味のボリュームが見事で、香りがものすごく開いていて、間違いなく、オート・コート・ド・ニュイの平均レベルをはるかに上回っていました。インパクト大!!

*グロ・フレール・エ・スール(ベルナール・グロ)は、個人的に毎年このベルーナールさんの白を飲んでいて、近年特に、楽しみながら造っている様な(勝手に想像しました)?型にはまらず、トロピカルで個性的な印象を受けています。しかしまぁ、ブルゴーニュの白ではまた個性的な味わいで、これがブラインドとなるとムツカシイ。

*アンヌ・グロ オート・コート・ド・ニュイのあとに付く‘キュヴェ・マリーヌ’という名前からして、なんとなく海を感じさせるような豊富なミネラル分。入手困難で、なかなか飲めるものではない、そして価格も少し高いので、ブランド時と、そうでない時では印象が変わるかもしれません?
意外にこのワイン、ブラインドにした時のインパクトは少ないかもしれません。
しかし、あれこれ言葉を上げるのは難しいですが、飲んでいて感じる味わい深さがあります。


ミッシェル・グロ、グロ・フレールエ・スールの様に、まず毎年品質が優れていて(高品質に関してはアンヌ・グロも同じ)、なにより私自身当たり前に思っていた安定して供給できることのありがたさを痛感しました。
f0072767_2020555.jpg






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008/5/28
日経平均株価 終値
↓)13,709円44銭 -183円87銭

円・ユーロ相場 東京11時
↑)163円37銭~40銭
   (13銭の円高)
[PR]
by mesnilid | 2008-05-28 20:42 | ワイン
 *クロ・デ・ゴワセ 1992
   フィリポナ  ¥20,810

フィリポナ 【クロ・デ・ゴワセ】。クリュッグのクロ・デュ・メニルと同じく、稀少な単一畑から生まれる極上シャンパン。シャンパーニュの場合、基本的に異なる産地のブドウをブレンドしてメゾンのスタイルを造りますが、この様に単一畑で造れるということは、それだけ畑のテロワールが素晴らしく、個性があり、尚且つ(もちろんヴィンテージごとの特徴があり)、安定していて見事な仕上がり!

品質的にはもっともっと有名になるのが当たり前のシャンパンですが、生産量や、恐らく日本への入荷量も少ないことから、フィリポナという名前の知名度も少ないと思います。
「知る人ぞ知る」本物のシャンパンです!

f0072767_21132950.jpg絶妙の熟成感・・。色調も深い黄金色、そしてきめ細かい泡立ち。香りも個性的でイースト香にアカシヤや蜂蜜、熟成感漂い複雑。ムースは繊細でやわらかく、溶け込んでいます。ある意味濃厚な味わい。果実味や熟成感からなんともいえない甘味。こくがあり、複雑で心地よく、優雅で・・。 かなりよかったです。

ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%
裏ラベルにデゴルジュマンの日付が記載されています。「AOUT 2004」

巷では「シャンパーニュのロマネ・コンティ」とも言われるそうですが・・・  ?





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008/5/27
日経平均株価 終値
↑)13,893円31銭 +203円12銭

円・ユーロ相場 東京11時
↓)163円6銭~11銭
   (10銭の円安)
[PR]
by mesnilid | 2008-05-27 21:31 | ワイン
土曜日はタルヤスのワイン会でした。

昼過ぎからワイン会のことで頭がいっぱいで、土曜はブログのことを忘れていました・・・ 失礼致しました。

タルヤスのワイン会は、基本的に月一回?行っています。
会費は毎回1万円と高額ですが、少ない人数では飲めなくても、人が集まるワイン会だから飲める!という様な珍しいもの、古いもの、飲み比べなどをしています。

ワイン会のご参加について興味がございましたら是非お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 ・シャンパーニュ
f0072767_19485263.jpg
f0072767_1949573.jpg


 ・白
f0072767_19493534.jpg
f0072767_19494452.jpg
f0072767_19495486.jpg


 ・赤
一つ目の赤は公表しないでおきます。在庫もないし・・

f0072767_19512747.jpg
←こちらはマグナムです!
 大当たり~!

 あとお遊び的な番外も・・


今回も、参加いただいた皆様に助けられ、いいワイン会になりました!




明日はシャンパン フィリポナ クロ・デ・ゴワセをご紹介♪



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008/5/26
日経平均株価 終値
↓)13,690円19銭 -322円01銭

円・ユーロ相場 東京11時
↑)162円80銭~81銭
   (51銭の円高)
[PR]
*エシェゾー 2005   
  ギヨン  ¥15,760

ドメーヌ・ギヨンの造る最高傑作品【エシェゾー】。偉大な2005年。アン・オルヴォーと同じく、エシェゾーもちろんセラーに寝かせたいワインですが、これは、コレクションとしても寝かせておきたい価値のあるワインです!
f0072767_2031213.jpg全体的に若々しく、うっすら紫がかっています。香りは少し時間をおくと、なんともいえない華やかさが溢れてきます。いいものはいい、もちろん今はとても若い時期ですが、このワインのクオリティーの高さ、エレガントさ、心地よさを味わうには十分です。香りの複雑さ、シルキーな味わいが印象的でした。実はコメントを書いた紙をなくしてしまいました・・。

以下、ワイナート41号 ヴォーヌ・ロマネの特集に載っていた、ドメーヌ訪問のコメントを・・・
 「独創的な栽培と瓶詰め前SO2無添加が力強い味わいを生む
ジャン・ピエール・ギヨンはブドウを徐梗せず、SO2無添加で、セミMC法で醸造する。「徐梗しないワインは好きですよ、DRCやルロワとか」というと「彼らはあまり畑で働いていないな。自分の方が働いている」との答え、大変な自信だ。「畑仕事をたくさんすれば、完熟した質の良いブドウが収穫できる。その様なブドウは無理に抽出する必要がない」と言い、「30日のキュヴェゾンのあいだ、2~3回のルモンタージュするのみ」だ。果皮が浮かび上がって空気に触れ汚染されるのではないかと思うが、「徐梗しなければ上がってこないし、醗酵中に発生する炭酸ガスで保護されるから問題ない。これは18世紀に行われていた醸造法で伝統的だ」と言う。
 村名ヴォーヌ・ロマネは、いかにもSO2無添加で、血や肉の様な香りと、酢酸の様な雑味が気になる。ワインの格が上がってくると、不潔さの欠点が目立たなくなり、エネルギー感と構造の長所が際立ってくる。エシェゾーは素晴らしい。ミュジニーに近いリューディ・アン・オルヴォーらしく、構造と優美さが両立し、品位が高い。彼もミュジニーの共通点を指摘し、「エシェゾーは力感プラス優雅さ。ミュジニーは優雅さプラス力感だ」と言う。4年前から使い始めた肥料が効果的らしい。ビーツと海藻を使って独自に開発した肥料を秋に畑に埋めることで、土に生命が蘇るそうだ。もちろん除草剤は使用しない。いずれにせよ、こだわり満載のドメーヌだ。最近ではニュイ・サン・ジョルジュのピノ・ブランの白、モレ・サン・ドニの白というマニアックな珍品を確信犯的にラインナップに加えた。」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008/5/23
日経平均株価 終値
↑)14,012円20銭 +33円74銭

円・ユーロ相場 東京11時
↑)163円75銭~79銭
   (1円4銭の円安)
[PR]
by mesnilid | 2008-05-23 20:50 | ワイン
 *ヴォーヌ・ロマネ・1er・アン・オルヴォー 2005
    ギヨン  ¥11,140

注目のドメーヌ・ギヨンのラインナップの中でも一線を越えたレベルにあるのが、
この1級畑【アン・オルヴォー】そして特級【エシェゾー】。

今回はアン・オルヴォーをご紹介!
ヴォーヌ・ロマネの1級畑といっても、細かく言えばこの畑は「Flagey-Echezeaux/フラジェ・エシェゾー」村の中に位置し、すぐ隣はシャンボール・ミュジニー村、ということは‘ミュジニー’の近く。そういったことからミュジニーに似た要素もあると言われ、ヴォーヌ・ロマネの中でも、また一つ魅力的な畑です♪

f0072767_20111614.jpg色調は縁にうっすら紫が残る様子で鮮やか。香りは新鮮で若々しく、時間の経過が楽しみ。品のある濃縮感、新樽の溶け具合が絶妙で、それが厚みとまろやかさ、そして複雑さにあらわれています。新樽に負けない、それ以上にも思える果実味豊かなヴィンテージ’2005。若々しいパワフルさもあり余韻も長い・・。セラーに寝かせたいワイン・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008/5/19
日経平均株価 終値
↑)14,269円61銭 +50円13銭

円・ユーロ相場 東京11時
↓)162円13銭~17銭
   (61銭の円安)
[PR]
by mesnilid | 2008-05-19 20:20 | ワイン
週末の犬のコーナー・・

今日の‘ロマネ’はこんな感じで・・
f0072767_1993629.jpg
f0072767_1910555.jpg



子供のメニルです♪
 寝違いしそう・・
f0072767_19125424.jpg
f0072767_1913327.jpg




みなさん良い週末をお過ごし下さいませ・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008/5/17
円・ユーロ相場 東京11時
↓)162円5銭~15銭
    (30銭の円安)
[PR]
by mesnilid | 2008-05-17 19:18 |
 *ボンヌ・マール 2004
   ドルーアン・ラローズ ¥10,460

コルクを開けてすぐの印象は、今ドルーアン・ラローズの2004年はこういう時期にきているのだと思いました。
f0072767_19575172.jpg味わいはしっかりしていて、酸、タンニンも豊富で若く、強いけど静かにひっそり構えているような・・。
閉じ気味ではあるもののいいワインなのは確かで、
 一日待ってみました・・・
変わりました! ドルーアン・ラローズのボンヌ・マールです!
しなやかで、緻密で、全くぶれる気がしない確かな味わいというか、力強さと品格。これからの熟成もますます楽しみです♪

お陰様でこの造り手は、毎年蔵出しで分けていただいているので、タルヤスの販売価格はお値です♪市場と比べてみてください!


これからの時期は、気軽に飲めるドルーアン・ラローズの‘ロゼ’もおすすめです♪
f0072767_1958097.jpg ブルゴーニュ・ロゼ 2005 
   ドルーアン・ラローズ  ¥2,440




昨日のブログは臨時お休みさせていただきました・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008/5/16
日経平均株価 終値
↓)14,219円48銭 -32円26銭

円・ユーロ相場 東京11時
↑)162円00銭~3銭
   (69銭の円高)
[PR]
by mesnilid | 2008-05-16 20:22 | ワイン
 *オークセイ・デュレス 2003
   ドーヴネ  ¥15,750

f0072767_2052321.jpgコルクを抜いて、驚きの香り。オークセイ・デュレスもドーヴネともなると、ものすごい香りが漂います。果実味は凝縮していて、それでいて重くなく、濃くない味が想像できます。漂う品格・・。これほどまでに香り高くミネラル分豊かで華やかな味わいとは・・・。想像以上でした。同じく入荷したムルソーも別格なんでしょうね!
ソムリエシリーズ(もちろんシャルドネ)で楽しみました・・。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008/4/30
日経平均株価 終値
↓)13,766円86銭 -83円13銭

 円・ユーロ相場 東京11時
↓)162円12銭~14銭
   (11銭の円安)
[PR]
by mesnilid | 2008-05-01 20:57 | ワイン