<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


*シャトー・オー・ブリオン 1954

最高によかったです!ピークの様でピークでないワイン。このままいつまでも続いていきそうな味わい。

ちなみに、ロバート・パーカーの本に書いてある、1954年ボルドーのコメント     
 収穫量:少なかった。
 重要な情報:ぞっとするような気象条件のもとで遅摘みされたひどいヴィンテージ。
 飲み頃:今でも飲む価値があるものとは思えない。
 価格;何の価値もない

そこまで書かなくても・・・って気がしますが、
一般的評価としては確かにそうなのかもしれません。

f0072767_19341131.jpg


味のコメントはうまく出来ませんが、印象に残ったのは、まじりっけがない。なんともいえない甘味、酸が全く出ている様子はないし、ダメな要素(ピークということではなく劣化という意味で)も微塵も感じられない。時間をおいても全く落ちていく感じを受けない。とにかく印象に残るワイン。

ワインの出来としては、1954年というとても厳しい環境の中で生まれたワイン。本来の‘オー・ブリオンらしさ’はないのかもしれません。しかし、1954年というヴィンテージでこうした味が今残っているということ、それもまたオー・ブリオンらしさなのかもしれません。
いずれにせよ今年の締めくくりは素晴らしい【オー・ブリオンの1954年】でした。

f0072767_19473696.jpg
f0072767_19474991.jpg

コルクは折れた状態・・というか、スクリューを差し込む時に、「チョン」とコルクに触れただけでコルクが「すー」っと瓶の中に落ちていきました・・。(飲み終わった後、取りだしましたが折れてしまいました)コルクの状態もピークの為(50年代以前のワインは)、こういうことはたまにありますが、それでもワインは生きていたので幸いでした。
f0072767_19475994.jpg
[PR]
by mesnilid | 2006-12-31 20:02 | ワイン
*シャトー・オー・ブリオン・ブラン 1997  ¥33,790

初めてこの機会に恵まれました。

私にとっては未知のワイン。なんといってもオー・ブリオンの造る白ワインだから・・
セパージュはセミヨン63% ソーヴィニヨン・ブラン37% 基本的に。
f0072767_20222561.jpg
とても輝いていてそれほど濃くない。白い花のイメージと木のイメージ、まだ若い。味わいは、直ぐには開いてきません。非常にやわらかですみきっている。バランスは完璧。先入観から入ると、控えめな印象を受けますが、とても繊細で上品なワイン。一日で飲みきってしまわず、一杯だけ飲んで残りは翌日にまわしました(バキュバンをして)。やはり翌日のがおいしかったです♪隠れていた要素が少し顔を出したような・・・

本当においしいタイミングで飲むならもうしばらく熟成が必要だと思います。


オー・ブリオンの白はグラーヴ地方最上の評価を得ていると共に、大変珍しいワイン!
当社が買い付けをする場合、ネゴシアンのオファーを見ても、このワインはちょっと違う。蔵出し専門にしているネゴシアンのリストを例に挙げると、以前はオファーにリストアップされることはありませんでした。こちらから問い合わせをすれば、ネゴシアンがシャトーに問い合わせをして、運がよければ「出せる」という返事が返ってきて、それで購入したのがこの1997年。最近はたまにオファーリストに載ることもありますが、それでも
 「Haut Brion Blanc」 価格の部分は「ON REQUEST」となっています。通常必ず価格が明記されているので、これはごく稀なことです。それだけ簡単にオファーできるものでもなく、価格も簡単に付けられないのかもしれません・・。

 ・ということは見つけた時が「買い」のワインだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006/12/25
【WORLD MARKETS】
日経平均株価 午前終値
 円・ユーロ相場
↑)155円89銭~93銭
    (40銭の円高)
[PR]
by mesnilid | 2006-12-25 20:40 | ワイン

久しぶりにタルヤスのイヌ達の様子を・・

最近メニルばかりひいきしていると社内から反感をかっているわたし・・・
一応今日は‘コンティ’と‘メニル’の写真も撮りました!
 (・・一応って・・・)

f0072767_1839968.jpg
シャキーンと決まってるかな?
 ‘コンティ’です!


f0072767_18402895.jpg

       ‘ロマネ’です!
ロマネはとても頭がかしこいので、こうしている間も何か考えているはず!適当に写真を撮ると怒ってきます・・
  

f0072767_18412840.jpgそして‘メニル’を2ショット!
 体の弱い子なので、心配事が絶えません・・・。
 少し前まで、ず~と寝込んでいました・・。
 まだ油断は禁物!


f0072767_1841234.jpg
    こうしてエネルギーを蓄えなくっちゃ!
[PR]
by mesnilid | 2006-12-23 18:52 |

*ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ 2003
  DRC (ラヴィニア)  ¥12,000

DRCの造るオート・コート!一味違いました!

私はこのワインを飲むのは初めてなので、以前紹介されていた雑誌などのコメントを見てイメージを膨らましていました。2002年までのコメントのポイントはいずれもミネラル豊富で酸味がしっかりしている様子。
f0072767_1983178.jpg
色は若々しく薄め。輝きがある。実際はこの写真で見るより薄いです。香りは若々しく、フレッシュな柑橘系が主体。時間が経てばなんともいえない甘い香りもでてきます。
 2003年らしく酸はやわらか。透明感がありとてもキレイなワイン。若いワインなので閉じてる要素はあると思いますが、おいしく飲めます。非常にバランスよく、軽く感じるけど、軽くなく。すっきりしているようで軽く絡みつくような感じもあります。
 何はともあれ、DRCの造るワイン。経験できてよかったです。
f0072767_1985655.jpg
     ちょっと変わった形のデキャンタ→
     【 OVARIUS / オヴァリウス 】
フランスに住んでいる師匠がわざわざ送ってきてくれました!ユニークで斬新な形。しかし、なにぶん特殊なものなので、いくらベテランの職人さんでも、この様に上手く完成させることが難しいということ・・。 普通のデキャンタでは引き出せない要素を目覚めさせる力があるようで。そして四次元の可能性を秘めたというか、ワインでいえばビオディナミに共通するような感じです。いろんな世界がありますね・・
 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006/12/21
【WORLD MARKETS】
日経平均株価 午前終値
 円・ユーロ相場
↑)156円2銭~7銭
    (8銭の円高)
[PR]
by mesnilid | 2006-12-21 19:34 | ワイン

*シュヴァル・デ・アンデス 2001
 テラサス・デ・ロス・アンデス&シャトー・シュヴァル・ブラン
 アルゼンチン     ¥8,840

カベルネ・ソーヴィニヨン60%、マルベック40%
やっと試飲しました!【シュヴァル・デ・アンデス】
サン・テミリオンのシャトー・シュヴァル・ブランとアルゼンチンのテラサス・デ・ロス・アンデスのジョイント!しかもファーストヴィンテージ!!
f0072767_2153453.jpg
アルゼンチンならでは、シュヴァル・ブランならではのやわらかくてソフトでおいし~いワインでした。
 よく「このワインは若いうちから楽しめて、熟成してもおいしい」とかのコメントを聞きますが実際飲むと「やっぱり若い内は若いな!」という印象のものもあります。しかしこれはまさに、その若いうちからおいしいです。これはやはりアルゼンチンの特徴だと思います。
ソフトな感じの中に複雑に交じり合う香りと味わい。上品な甘さ・・・。個人的には少し温度が低くてもいいと思いました。
 いつも写真を載せる際、光の加減で、ワインの色は実際とは微妙に異なった印象に写ったりしますが、今回は完璧!実際の色と全く同じ色合いで撮れました!(自画自賛・・・)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006/12/16
【WORLD MARKETS】
日経平均株価 午前終値
 円・ユーロ相場
↑)154円50銭~60銭
    (40銭の円高)
[PR]
by mesnilid | 2006-12-16 21:18 | ワイン

シャトー・ラフォン・ロッシェ 1994
  サン・テステフ 格付4級  ¥5,350

f0072767_1811465.jpg
縁の透明感がある程度の熟成を感じさせます。香りは控えめ。なめらかな口当たりで飲み頃です!濃縮感、甘味もありボディーはミディアムでありやさしくもある。このシャトーは成功したとされる94年ですが、若干ボディーの軽さというか後口に酸が残る印象。しかしラフォン・ロッシェは現地で(買い付け価格)他のシャトーに比べるとそれほど値上がりをしているわけではなく、若いうちからおいしく飲めるので気にいってます!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006/12/12
【WORLD MARKETS】
日経平均株価 午前終値
 円・ユーロ相場
↓)154円78銭~81銭
    (79銭の円安)
[PR]
by mesnilid | 2006-12-12 18:19 | ワイン

*ショレイ・レ・ボーヌ‘レ・ボン・ゾル’ 
   ギヨン  ¥3,720

前回の船便で入荷したタルヤス初入荷のギヨンのアイテムは2種類のみ!以前お伝えさせていただいたブルゴーニュ・ルージュ2004年と、この【ショレイ・レ・ボーヌ‘レ・ボン・ゾル’2004年】

前回の案内後、結構売れています!何よりリピーターが多いのが嬉しいです。今回は村名ワインということで、更に奥行きがありパワフルでしたが、ちょっと飲むにはまだ早い・・。2日後にようやく本当にいい状態になってきました。
f0072767_21313643.jpg若々しく紫色がかるピノ・ノワールの濃い色調。全く隙がない濃密さ。上品な甘さ。後口にかけてパワフルさがあらわれます。時間をおくと、凝縮したねっとりとした香りがあらわれ、味も落ち着いてきますが、まだまだ飲み頃ではないワイン。ん~・・後2年はおきたい。その時は飲み頃に入りつつあると思います。もちろんいいワインです。ただもう少し飲み頃を待ちたいワインです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006/12/7
【WORLD MARKETS】
日経平均株価 午前終値
 円・ユーロ相場
↓)152円92銭~94銭
    (15銭の円安)
[PR]
by mesnilid | 2006-12-07 20:29 | ワイン