<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


*ブルゴーニュ・ピノ・ファン 2005
  パスカル・ラショ  ¥****

昨日に続き今日はパスカル・ラショーのブルゴーニュ・ルージュその名も、【ブルゴーニュ・ピノ・ファン 2005】

「Pinot Fin/ピノ・ファン」は珍しいですが、これはピノ・ノワールの亜種です。「Fin」すなわち‘繊細’で、育てるのも難しい品種ですが、丁寧に育てられた証がワインとして見事にあらわれています。
f0072767_18215031.jpg色は全体に紫を帯びていて若々しい。このクラスニしては濃い。
若々しく、酸とタンニンが十分ありますが、それに負けない果実味、アルコールがあり、そこに樽が見事に調和しています。ピノピノしているワインではありませんが、程よい濃さ、なめらかで辛口。¥3,100~¥3,300位を予定します。このクラスで3千円は高価ですが、絶対納得できるワインです!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006/11/25
【WORLD MARKETS】
 円・ユーロ相場
↓)151円65銭-75銭
    (65銭の円安)
[PR]
by mesnilid | 2006-11-25 18:23 | ワイン

今メニルのお気に入りは「軟式ボール」です。

というのも最近スタッフの間では昼休みのキャッチボールが日課になっているのですが、隙をみせると直ぐにメニルに取られてしまいます!

f0072767_19245515.jpgあっ!ボール取られた!!


f0072767_1925537.jpg「どこにもってこうかな?」


f0072767_19251571.jpg
              「ガブガブ!」


f0072767_19242139.jpg
        「あげないもんね~♪」


[PR]
by mesnilid | 2006-11-18 19:31 |

モレ・サン・ドニ・1er・ソルベ 2004 
   ティエリー・ボーモン  ¥8,060

9月に入荷したタルヤス初買い付けのドメーヌ!蔵出しです!
まだまだメジャーではありませんが、非常に質の高いワインを生み出します。

価格も「いい値段」しますが、それだけ手が込んでいて、それだけのクオリティーは十分感じられるワインです。
f0072767_2171623.jpg2004年 出来た手(日本に入ってきたばかり)のワインは全体的に紫を帯びた色調でとてもキレイ。ベリーなイメージの香りよりも革や木、樽のニュアンスがあり、甘く、ビスケットの様な香りもあります。
 若々しいフレッシュな味わい。モレ・サン・ドニの力強さとやさしさ、奥行きがあります。しかし、とはいうもののまだまだ若い。もう少し寝かせてから楽しみたい・・・。
 この他にシャンボールの2004年 ¥5,320もあります。
こちらはいま若いピノ・ノワールを十分楽しめる味わいかもしれません。近々試してみたいと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006/11/14
【WORLD MARKETS】
 円・ユーロ相場
↑)150円80銭-82銭
    (18銭の円高)
[PR]
by mesnilid | 2006-11-14 21:09 | ワイン

今回はフランスからの便り“コート・ドール”

これは現在フランスに住んでいる日本人の方(私のお世話になっている方)が
添付メールで送っていただいたとてもホットな写真です!!

こうして写真を見ると、本当にコート・ドール(黄金の丘)ですね!
雑誌なんかでみるより、感動を与えてくれる写真です・・。

f0072767_18585842.jpg
         ロマネ・コンティのブドウです。

f0072767_1859754.jpg
          ラ・グランド・リュの畑からみて

f0072767_18591628.jpg
 これは「雹」の写真です。数ヶ月前にナントの方で降ったものですが、直径10cm位でしょうか?私はこんな雹は見たことなかったので驚きでした。こんなのが降ってきたらたまりませんね!ブドウの木も心配・・。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006/11/11
【WORLD MARKETS】
 円・ユーロ相場
↑)150円95銭-151円5銭
    (25銭の円高)
[PR]
フランスの風 早速第2弾はシャトー・マルゴーです

★Chateau Margaux 

f0072767_1935576.jpg
          涙が出てくるほど美しいシャトー

f0072767_1945266.jpg
          上の場所から振り返って・・ マルゴーの並木道

f0072767_1975191.jpg
          シャトーの模型

f0072767_198418.jpg
         ここでは専用の樽職人がマルゴーの為に樽を作ります。

f0072767_19102042.jpg
          醗酵は今でも木樽を使います。

f0072767_19111082.jpg
        畏れさえ感じるほどの静寂さ・・
(写真は加工により少し明るく感じますが)光はほとんどなく、人の気配も感じません・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006/11/10
【WORLD MARKETS】
 円・ユーロ相場
↓)151円17銭-19銭
    (60銭の円安)



円、東京でも対ユーロ最安値
  一時151円30銭付近

10日の東京外国為替市場で、円相場は対ユーロで下落した。一時1ユーロ=151円30銭近くまで下げ、東京市場での最安値を更新した。これまでの最安値は10月27日につけた1ユーロ=150円80銭。
 欧州中央銀行(ECB)が前日に公表した11月の月報をうけて、ユーロ圏の金利先高観を背景にした円売り・ユーロ買いが進んだ。前日のニューヨーク市場では1ユーロ=151円48銭まで下げ幅を広げていた。

日本経済新聞 夕刊 11月10日(金) より
[PR]
新企画  ~ フランスの風 ~

ブログのネタ探しでいろいろ考えていたところ思いつきました!
ブログ内の容量の加減もありますので、少しずつですが、現地に行った時の写真などをご紹介していきたいと思います。

今日は Romanee Conti を囲む畑、‘3ショット’
  季節は5月 19:00位です

f0072767_192665.jpg
この道を挟んで
 ★左が Grande Rue  ★右が Romanee Conti  
■右の畑は一番手前から少し奥に行くと色が変わる部分があります。
 そこからがラ・ロマネです。ロマネ・コンティはラ・ロマネの手前の部分が少し傾斜しています。
■左のグランドリュは真ん中位に少し色が違い部分が縦に伸びています。
 そこから左が La Tache です。



f0072767_1923962.jpg
この道を挟んで
 ★左が Romanee Conti  ★右が Romanee St-Vivant
ここがグランクリュ街道になります。



f0072767_19335099.jpg
真ん中の芝の様に見える部分を境にして
 ★右が Romanee Conti ★左が La Romanee
撮影位置は一枚目の写真の道の真ん中位から、右に向かって撮ったものです。

f0072767_18172915.jpg←こちらの地図は
 ヒュー・ジョンソン
 ワールド・アトラス
  ・オブ・ワイン より



[PR]

*アルマヴィヴァ 1999 (チリ)
  コンチャ・イ・トロ&バロン・フシリップ・ド・ロートシルト 

「シャトー・ムートン・ロートシルト」のフィリピーヌ男爵夫人が、チリワインメーカー「コンチャイ トロ社」と共同で設立した「ヴィーニャ・アルマヴィーヴァ社」によって造られる、チリワインの最高峰のひとつです。
f0072767_18264462.jpg 過去にリリースされたと時に96年と、98年を飲みましたが、大変パワフルで重たく、まさにフルボディー。個人的には若いうちはちょっと飲むのがつらいワインです。

 次はいつ飲む機会がくるのかな~?と思っていましたが、まさに先日突然その時はやってきました!!
 「おいしかった!!!」おすすめ★★★
以前感じた、アルコールの強さや、濃厚さが落ち着き、今とてもおいしい状態でした!
タルヤスには1996-2000年までの在庫が大型倉庫(店とは別の場所にある)にどっさりあります!今まで動きは少なかったけど、安心しました。やっと‘おすすめ!’の売りやすい味になってきたし、このまま寝かせておいてもいいかなと・・・

セパージュは:
 カベルネ・ソーヴィニヨン72%、カルムネール26%、カベルネ・フラン2%




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006/11/4
【WORLD MARKETS】
 円・ユーロ相場
↓)150円00銭-10銭
    (40銭の円安)
[PR]
by mesnilid | 2006-11-04 18:32 | ワイン