人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Bonne Mares 1953 Paul Bouchard

*ボンヌ・マール 1953  ポール・ブシャール
 当時販売できていれば¥48,500

さて、今年最後のワインは・・
昨日の続き、ルロワの後にダメもとで開けてみたワイン。実はこのワインは2年程前に仕入れたのですが、お客さまに販売できる状態ではありませんでした。

 コルクは、完全には落ちていませんでしたが、僅か数ミリでボトルの首の部分に引っかかっているという状態。キャップシールを取ったらボトルの首元まですっぽり落ちていました。この状態で中身が生きていれば凄いことなので、その状況を写真に撮ろうとしましたが、多分中身はダメだろうと思い・・、そうすると写真を撮ったことが虚しくなるので、やめました・・。今思えば撮っておけばよかった~・・

Bonne Mares 1953  Paul Bouchard_f0072767_18293347.jpg・・で、味は・・。まずコルクがそんな状態でも、何とか開けてやる!と思い、コルクスクリューを斜めに差し込んで・・と思いながら、コルクに‘ちょン’と当たった瞬間、虚しくもコルクは液体の中に落ちてしまいました。

(こんな状態だから、“コルクをキズつけず落ちたのはラッキーだったに違いない”と開き直りました)

Bonne Mares 1953  Paul Bouchard_f0072767_18294944.jpg
そして万が一の期待を込めて、テイスティング!
悪い様子は微塵も感じませんでした!素晴らしい。完全に古酒の領域だけど、(若くもありというといいすぎですが)ピークという感じがしない。いつまで寿命は続くのだろう・・。そんなことは想像できませんでした。飲めば飲むほど深みが増してきました。目覚める様子さえ感じる・・。
 改めて、ブルゴーニュの古酒の素晴らしさと、この状態でミラクルを目の当たりにしました!

それと、ボルドーもブルゴーニュも【1953】というヴィンテージは偉大。
そういえば昨年印象に残ったワインも・・・
by mesnilid | 2007-12-31 18:37 | ワイン