必見!セレックのラタフィア 美味!!!

下記、昨年の8月のブログ内容ですが、
その時のおすすめアイテム
「セレックのラタフィアのブラン」が
4/13現在、限定3本ご用意可能です!

もしご興味がございましたらお早目にご連絡ください!

 ↓ ↓ ↓ Taruyasu Blog 2014/8 ↓ ↓ ↓

7月上旬、名古屋で行われた生産者を招いてのディナーの際、主力シャンパンの質の高さはもちろん、もう一つ印象的だったのが、このラタフィア!その場にいた方々も口をそろえて‘美味しい’の連発!

これは仕入れたい!絶対に欲しいという衝動に駆られ、ディナーの後すぐに輸入元担当者さんに確認を取り、残り在庫を全て分けていただける様お願いしました!
とはいうものの元々限定品ということで、入荷本数は少量でございます。品切れの際はご容赦下さい!

★入荷アイテムは下記の2アイテム
★セレック/ラタフィア・ブラン 700ml alc18% ¥3,960(税別)
http://www.taruyasu.com/shopdetail/000000002469/011/028/X/page1/order/
セレック/ラタフィア・ルージュ 700ml alc18% ¥3,960(税別)
 http://www.taruyasu.com/shopdetail/000000002470/011/028/X/page1/order/

f0072767_17542680.jpg

ラタフィア独特の甘さとアルコール感は(ワインは平均12.5~14%が多いので、それよりも高め))、何とも言えない心地よさがあり、その心地よさは、リラックス効果、ストレス解消効果にも繋がる癒しのワインでもある様に思います。
もちろん、一般的な白ワイン、赤ワインにも至福の出会いはありますが、こちらもまた至福・・・
これだから美味しいお酒はやめられません♪

f0072767_1752854.jpg食前に飲めば、心地よく胃を刺激し、料理の愉しみが増し、チーズと合わせると何か得した気分に、デザートと合わるとこれまた癒され、食後に飲めばディナーの締めくくりの余韻は最高潮・・
そして、バーの様な落ち着いた場所で飲めば、その日一日の最高の締めくくりに・・

入荷本数は限りがございます。ラタフィアは普通に栓をして冷蔵庫で保管すれば、数ヶ月は十分もつと言われています!是非是非この機会にお試しください♪


以下、輸入元コメント

ラタフィア・ブラン
50%は秘伝のタレのように毎年足しながら樽熟成させたものです
ピエリー、ディジー、ヴェルテュス等8つの村の畑より、搾りたてのシャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエの果汁と、95°のピュア・アルコールを4:1の割合でブレンドしたものです。50%はステンレスタンクで造ったその年の出来立てのもの、残りの50%は、2010年産から(いわゆる「秘伝のタレ」のように)600リットルの樽に毎年半分ずつ注ぎ足し1年間以上熟成させているもので、現在販売中のものは、タンクより2012年産が50%、樽より2011年産+2010年産が50%のブレンドになります。年間約800本の限定生産品。ラタフィアは、シャンパーニュ地方では特にアペリティフとして広く楽しまれています。普通に栓をして冷蔵庫で保管すれば、数ヶ月は十分もちます。

ラタフィア・ルージュ
同上。一部樽熟成させたラタフィアの赤はおそらくセレックだけです
プルミエ・クリュのピエリー村より、セニエ版のロゼを造るために抜き取ったピノ・ムニエの果汁と、95°のピュア・アルコールを4:1の割合でブレンドしたものです。50%はステンレスタンクで造ったその年の出来立てのもの、残りの50%は、2010年産から(いわゆる「秘伝のタレ」のように)600リットルの樽に毎年半分ずつ注ぎ足し1年間以上熟成させているもので、現在販売中のものは、タンクより2012年産が50%、樽より2011年産+2010年産が50%のブレンドになります。年間約800本の限定生産品。ラタフィアは、シャンパーニュ地方では特にアペリティフとして広く楽しまれています。普通に栓をして冷蔵庫で保管すれば、数ヶ月は十分もちます。

f0072767_17522961.jpgRM第三世代の筆頭格「セレック」
独自の醸造法を極め、衝撃的な個性をもってRM(レコルタン・マニピュラン)の存在感を世に示した、アンセルム・セロスやフランシス・エグリら「第一世代」。柔軟な発想によってテロワール表現の可能性を追求し、繚乱の「RMワールド」を花咲かせた、ダヴィッド・レクラパールら「第二世代」。
 そして最近メディアへの登場が増えてきた「第三世代」の造り手たちは、前世代の求道者たちの偉業に真摯に学びながら、その視線は、「飲んでいかに美味しいか」という原点に、じっと注がれているように感じられます。

f0072767_17524062.jpg
ちなみに先日現地からこんなオファーがありました!

シャンベルタンのマール
「マール・ド・シャンベルタン1990年トラペ」

1964年のマール
「マール・ド・ブルゴーニュ1964年グロ・フレール・エ・スール」

魅力的!
[PR]
by mesnilID | 2015-04-13 18:41 | ワイン