人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コス・デストゥルネル・ブラン 2010年

一昨日は津市の「パーダーボルンさん」で
四津鈴倶楽部の勉強会がありました!

前半1時間はマスター・ソムリエの松田先生から
「知っておくべき隠れたワイン情報について」というテーマで
講習をしていただき、後半は、各自持ち込みのブラインド。

松田先生は、現在ご自身と先生の知人数人で、
実際にブドウ栽培を行っていますので、その当たりのエピゾードも交えながら
ブドウの生育や、品種、醸造などの解説をいただきました。

大変興味深い内容で、1時間はあっという間に過ぎていき、
その後はなんとも恐ろしいブラインドテイスティングへ突入!!


曲者の皆さんが持ってきたワインですので、一ひねり二ひねりあるものや、
直球ストレートなど合計10数本揃いました。

印象に残ったワインは、これ↓
私が持って行ったものなので、自画自賛になりますが・・

コス・デストゥルネル・ブラン 2010年
http://www.taruyasu.com/shopdetail/043007000173/006/028/X/page1/order/

サン・テステフの筆頭!格付第二級の「コス・デストゥルネル」が造る
貴重な白ワイン。ファーストヴィンテージは2005年。メドック北部
(石灰質が豊富な)のソーヴィニヨン・ブラン(主体)、セミヨンで造られます。

ボルドーでは他にも一流シャトー(マルゴー、ムートン、ランシュ・バージュ、
ラグランジュなど)で白ワインを生産していますが、コスはその生産量の少なさ
から非常に貴重(年によっても異なりますが、年間生産量250ケース程)。
2010年というまだ若いヴィンテージですが、希少なワインでございますので、
見つけた時が買い!セラーにコレクションしたい貴重なワインの一つです。


ブラインドで大好評!
コス・デストゥルネル・ブラン 2010年_f0072767_1934492.jpg香りを嗅ぐなり、「只者ではない」「高貴な香り」「品がある」など
つかみから余韻まで高評価をいただきました!

ペサック&レオニャンや、マルゴー、ムートン、ランシュ・バージュ系とは一味違う。
ミネラル感や味のクリアさ、爽快さと深み。余韻も心地よい。

今でも美味しく魅力的ですが、やはり5年後、10年後と
熟成した味も試してみたいし、その変化が楽しみです。
by mesnilID | 2013-11-27 19:34 | ワイン