人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ポマール1961年ジャン・ミシュロ

すに過去のブログでも登場したジャン・ミシュロの古酒。
以前5月頃試飲したオフヴィンテージの73年の状態の良さには驚きましたが、それ以外のヴィンテージも
お飲みになられたお客様から好評価をいただいていました。

お陰様で若いヴィンテージ(若いといっても85、81、78、73)から順に完売し、残るは67、61、59、57、49年の更に熟成したヴィンテージとなりました。

そこで、今回は良質ヴィンテージ1961年をワイン会のリストの入れてみました。

さてさて・・
まずコルクの状態は、非常にデリケートな状態で、抜栓はすんなりとはいかず、あと少しの所で折れてしまいました。もちろん年相応で状態は良好。
ポマール1961年ジャン・ミシュロ_f0072767_19184837.jpg色調はクリアで、年相応の薄さが魅力。
香りは弱めですが、特徴があります。
味わいは非常にソフトで、繊細で、
色の熟成具合に見合った熟成感。
飾らない味わい・・古き良き時代・・
なんとなく懐かしさ感じるような、
そんな味わい。
(コメントになっていないのかもしれませんが)

この価格帯の1961年のブルゴーニュということを考えれば、
頑張って、よくもっています。
ポマール1961年ジャン・ミシュロ_f0072767_1919653.jpg
そして特に注目していただきたいのは、
抜栓後30分経過してからの味。

非常に繊細な状態でございますので、
普通は時間とともに落ちていきますが、
それが、味が、よりクリアになり、
一つにまとまり、伸びてきました。

ポマール 1961年 ジャン・ミシュロ
http://www.taruyasu.com/shopdetail/008015000002/order/

改めてワインの世界は深いなぁと、
またまた実感致しました・・
by mesnilID | 2012-07-12 19:18 | ワイン